リンゴ(林檎)

りんご紅玉の写真

 リンゴはバラ科リンゴ属の植物、原産地は中央アジアの山岳地帯から 西アジアにかけての寒冷地だといわれています。人類が最初に食べた果物がリンゴ。紀元前6000年頃といわれています。日本で今栽培されているものは、明治時代に始まったものです。現在はなんと、7,500以上の品種が栽培されています。

 10月の福島のリンゴの主な品種は「ジョナゴールド」「紅玉」「陽光」などが上げられます。
「ジョナゴールド」は10月上旬から中旬、果肉は硬めでシャリ感があり、酸味と甘みのバランスがよく、“うまい”リンゴです。 「紅玉」も10月上旬から中旬、艶やかな深紅のリンゴ。甘酸っぱいリンゴ本来の味です。 香りもよく、アップルパイ、ジャムなどの加熱調理用にも適しています。 「陽光」は10月中旬から下旬頃。甘さと酸味のバランスが抜群。濃厚な味わい。 日持ちも良く、今や10月の福島のリンゴの代表格といえます。

 リンゴは栄養が豊富です。「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」といわれてきました。カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンC、有機酸などが含まれています。リンゴポリフェノールには脂肪の蓄積を抑制する効果があり、プロシアニンなどによる抗酸化作用や老化防止効果も期待されています。

 余談ですが昔、握力自慢のプロレスラーが素手でリンゴを握りつぶすシーンを思い出しました。

 栄養豊富なリンゴたち、美味しく食べて健康に。身近な果物「リンゴ」。ちょっと手にとって、食べてあげてください。福島のリンゴ。

 

福島中央青果卸売(株)佐藤 泰昭