カレイ類(鰈)

ナメタカレイの写真

ナメタカレイ

マコカレイの写真

マコカレイ

カレイの切り身の写真

カレイの切身

 種類が多く、それぞれに旬や味わいが違うカレイ。季節によって食べ比べる楽しみがある魚です。12月のおすすめはなんといってもナメタカレイとマコカレイ。ナメタカレイはちょうど産卵期前となるので身が厚くなり脂がのってきます。煮付けや冷めて出来る煮こごりがカレイの最高級品と称されています。マコカレイは卵の重量が増し子持カレイとして需要が高まってきます。煮物、揚げ物の他に鮮度の良いものは刺身でも美味しくいただけます。
 カレイの良品の選び方ですが1尾売りの場合は魚にヌメリがあって身に厚みがあるもの、切身の場合は身に透明感があるものを選ぶと良いと思います。
 栄養面は高タンパク、低脂肪で、きめの細かい身をしているので消化が良く子供や高齢者などに適した食材です。また縁側の部分には肌の調子を整えるコラーゲンも含まれていますので女性にうれしい食材となっています。その他ではビタミンB群や動脈硬化の予防などをするタウリンを多く含んでおり、子持カレイではビタミンAの摂取も期待できます。
 12月はカレイの水揚げが増えてくる時期で、今後も順調な水揚げが期待出来そうですので、ぜひ多くの方に栄養豊富なカレイを食べていただきたいと思います。

 

(株)福島丸公
営業部鮮魚第一次長 遠藤淳弘